農機ぐん

農機ぐん

悪天候でも悪条件でもしっかり働く農機具の種類

農機具は農業に使われる器具や機械です。機械では、耕うん機やトラクター、田植え機、コンバインなどが一般的に知られており、農業機械と呼ばれています。農業機械の特徴として、ほとんどの機械が車両の形状をしています。また、農機具という言葉は、農業機械と鍬や鋤などの農具をまとめて表す言葉でもあります。農業機械のうち、トラクターは耕起に利用され、耕うん機は田畑を耕すために使われる機械で、主にロータリーの回転によって田畑を耕します。コンバインは、コンバインハーベスターの略称で、米や小麦など穀物の収穫と脱穀、選別を行う農業機械です。これらの作業を同時に行うことができるのがコンバインの特徴です。軽トラックも農業ではよく用いられていますが、農機具には分類されていません。農業機械は、雨の中でも土や泥の中で酷使されるため、ある程度頑丈に作られています。以前までは故障などの心配から電子制御や電気モーターよりもローラーチェーンやベルト機構の仕組みの農業機械が好まれていましたが、最近ではトラクターやコンバインに電子制御を搭載したものが販売されるようになりました。電子制御技術は、自動車で使われるものの一世代前のタイプが使われ、これは悪条件での使用が可能かどうかという信頼性から、メーカーが成熟した技術を搭載したいと考えているためです。

作業や用途によって違う、農機具のさまざまな種類

農機具(農業機械)は、その動力や用途によって種類を分けることができます。「動力」の違いとしては、電動機と内燃機関の2つがありますが、屋外用機の主流は、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを搭載した内燃機関のものです。一方の電動機は、主に屋内で使用される乾燥機や、もみすり機などで活用されています。「用途」としては、耕うん用・栽培管理用・収穫用などがあります。「耕うん用」のものとしては、乗用型トラクター(一般車両のように人が乗り込んで運転するタイプ)や、歩行型トラクター(手押しで操作するタイプ)があります。「栽培管理用」のものには、肥料や農薬などを散布するものや、種を蒔くためのもの、そして稲などの苗を移植するためのものなどがあり、トラクターに取り付けて使用するものや、独立した自走式のものがあります。そして「収穫用」のものとしては、稲や麦を刈り取る際に用いるコンバインが有名で、自脱式コンバインと呼ばれるものは、刈り取りと同時に脱穀まで行うという機能を備えています。さらに農機具には、乾燥・選別・洗浄といった加工に関するものや、畜産に関するものなど、幅広い用途に応じたものがあります。また、家庭用の簡易的な耕うん機や草刈機といったものも存在します。

recommend

群馬のデザイン住宅会社

ヌースマインド

プリント基板

2018/12/27 更新

▲ページトップへ