農機ぐん

農機ぐん

農機具や農具の収納のコツ

農家として本格的に農作業を行っている方、家庭菜園やガーデニングなどに取り組んでいる方も多く、自宅内外で農機具や農具を管理する必要のある場合は、場所や量に応じた収納法を工夫します。農機具は高額な機器、デリケートな機器もあるため、屋外保管する場合には特に注意が必要です。雨風を防げるように、できるだけ屋内に収納し、施錠して管理するようにすると、盗難被害を防ぐことができるため、安心感が高いです。農家の方は、農地近くに専用の農具庫を所有していることが多いですが、趣味で行っている方の中には、都市部に居住している方も多く、十分なスペースを確保することが難しい場合もあります。ガレージの壁に農具収納用の棚やポールを設置し、限りあるスペースを活用して、取り出しやすく、戻しやすいように配置します。ホームセンターのディスプレイやインターネットの情報を参考にしながら、安全で使い勝手の良い方法を検討していくことが大切です。

誰もが頭を悩ませる農機具の収納について

農機具の中には、滅多に使わないようなものもあるでしょう。特に冬季休業が必要なような地域であれば、そういったことは多く起こるのではないでしょうか。そういった場合には、大切な農機具にカバーをかけることが大切です。それぞれの大きさや形にあったカバーも販売されていますので、探してみましょう。また、農機具は大きなものが多いため、その置き場に頭を悩ませる人は多いでしょう。多くの人はそれを自作の棚を作るという方法で解決しているようです。また、小さくたためるようなものであれば、圧縮してしまっておくというのも収納術のひとつでしょう。家庭菜園などのスペースのない場合の収納であれば、車庫があれば車庫に入れておくということでよいでしょうが、ない場合にはベランダなどに雨が当たらない状態で収納しなくてはなりません。そういった時には、ベランダ専用の簡易倉庫のような商品もありますので、自宅のベランダのサイズに合わせて購入してもよいかもしれません。

注目サイト

Last update:2016/9/2

▲ページトップへ