農機ぐん

農機ぐん

農機具をレンタルして農業における初期コストの抑制を

農業は人にとって必要不可欠な食物を生み出す大変意義のある仕事です。しかし、現在、日本における農業産業は大変な危機に見舞われています。極端な後継者不足から農業従事者の6割以上は65歳を超え、35歳以下の若者はわずか5%になってしまったのです。問題は農業が事実上の世襲制となっており、新規加入の難しい所にあります。新たに農業を始めることを困難にしているもののひとつに初期投資の費用が高すぎることが挙げられます。農業を始めたとしても初年度の平均収入はわずか250万円ほど、それに対して初期コストは農機具の購入を含めて平均で700万円もかかるのです。これでは脱サラをして農業に従事しようという人がなかなか現れないのも無理はありません。それでもコストを大幅に下げる方法がないわけではありません。農機具を農協などでレンタルするのです。そうすれば購入費が100万円以上するトラクターなどでも1日1万円程度で使用することが可能になります。

レンタル農機具で気軽に楽しくプチ農家!

農業を専業とされている方、あるいはある程度の土地があって、土をいれて耕したいが農機具を購入することに躊躇している方も多いことでしょう。小さな農機具でも毎日使うものではなく、ある一定の時期に使用する機械がほとんどです。購入しても機材のメンテナンスや置き場所などにも気を使わなければいけませんし何かと維持費もかかるものです。しかし、農機具があることで、作業効率があがります。そこで農業用の機械をレンタルしてみるのも、ひとつのアイデアです。小さめの耕うん機なら一日数千円から借りることができるのです。必要な時期に必要なタイプの農機を借りることで、その時期にあった作業が効率よく行えます。メンテナンス済みの機械が一日単位から借りられるので、気軽に試してみることができるのです。自分での搬入を条件としているところが多いので、近くの専門業者を選ぶといいかもしれません。気楽に農業を楽しむことがレンタルをすることできっと可能になります。

pickup

最終更新日:2017/12/8

▲ページトップへ