農機ぐん

農機ぐん

農機具の運搬に役立つ物とは

手間暇かかる農作業を飛躍的に早くすすめる事ができる農機具は、今やスピードが求められる農家では欠かせない存在です。しかし、農機具は一般的に素手で運ぶには重く、大きく、運搬する必要性が出て来た時には生身の人間はお手上げです。そこで、運ぶ時に役立つのが農機具を運ぶ力を持つ運搬車です。運搬車には様々な種類があり、小型のものから大型のものまで、安い物から高い物まで、新品から中古まで、運びたい物やかけられる予算、使用する環境等によって選ぶ事ができます。こういった車を扱う店は全国各地にあり、必要に応じて買いにいく事ができますが、現在ではインターネットサイトから商品一覧を見て問い合わせる事もできますから、事前に確認しておいた方が効率的です。また、こういった車は常に需要があり、かつ頑丈にできていますから、いらなくなった時に買い取り専門店に中古として売る事も可能です。なので、一台持っていても決して損にはなりません。

農機具の運搬には運搬車!

農機具を運搬するための車が、運搬車です。これには、色々な種類があり、ほとんどが手押しのタイプとなりますが、重たいものを運ぶための自動車もあります。積載重量が各車両によって決まっているため、利用目的に応じて選びましょう。ほとんどがオープンカーのような形になっていて、手押しの形です。足元の部分はクローラと呼ばれるベルトコンベアのような形の車輪が付いています。ガソリンが動力源です。コンテナをいくつも積むことができ、安全に運べるので、農作業にとってはなくてはならない存在でしょう。修理などで部品を取り寄せることが可能なのは、およそ10年と言われていますが、それを過ぎても部品なしでも修理することが可能な場合もありますので、修理業者に相談してみるとよいでしょう。敷地内での運転で、公道を通ることがなければ、運転免許証は必要ありませんが、気づかぬうちに公道にさしかかってしまうこともあるため、注意が必要です。

2017/1/19 更新

▲ページトップへ